カテゴリ

カテゴリ:家族写真

穏やかな日の家族写真

カテゴリ:
IMG_2097


この撮影は、偶然日程調整をしていて前倒しになり実現出来た奇跡の家族写真だと思っています。
本当は、息子さんが小学校を卒業して4月に中学校に入学する直前に行う予定でした。
あの頃は、4月に入ったら学校も通常再開に伴って、部活の日程が読めないということで卒業式直後に行いました。今思うと、4月だったら延期していただろうと思います。
 あの日は、春らしい暖かい陽のもとに撮影を行えました。
 この桜が満開だったら良かったのにと話しながら、近所の仲良しな友人も参加してくれ

近所の公園で
木に登りながら

IMG_2005

ジャングルジムに登りながら

IMG_2139

跳躍を皆で合わせて記念撮影。

IMG_2029


それから家に戻り家族で撮影。
最初は、慣れない中学校の制服に袖を通して緊張していた主役の新一年生も
公園で身体も心もほぐれて良い表情で写ってくれた。

IMG_2170

突然、小学校最後の登校日がやって来たので、再現しました。

IMG_2246


IMG_2253

とても仲の良い4人家族で撮影していて楽しかった。撮影が終わってもなんだか居心地がよく
話し込んでしまいました。また近い将来笑顔で再開し、たわいの無い話の続きをしたいです。


IMG_2216

自分に依頼してくださった経緯まとめてくれた記事です。
とても心打たれました。実現して良かったです。


子供達が生まれてから記念日には某スタジオ〇〇で撮影をしてきた我が家。
三月に息子が小学校を卒業したのでいつ撮影しようかと息子に話したところ、え?もうそういう撮影しなくて良くない⁈と…本人が嫌なら仕方ない…でも記念の写真は残したい!そう思っていた時、ふと、あ!入江さんに家族写真お願いしよう!と思い立ちました。息子に入江さんにお願いしようと思うんだけど、やっぱり撮影は嫌?と聞いたら入江ちゃん(笑)ならいいよ!と謎の上から目線で(笑)快諾。

入江ちゃん、こと写真家の入江英樹氏が我が家に来て下さって、自宅と近くの公園で撮影。仲良くしていただいているお友達家族にも参加してもらいました。

仕上がりを楽しみに待ち、ついに来ました!
作り笑顔(笑)や加工無しの子供達の自然な笑顔の写真、久しぶりに見ました(笑)
もう、最高の仕上がり!お願いして良かった!
撮影の技術はもちろんと思いますが、入江氏の子供達への接し方やさりげないアドバイス、存在感を消して(笑)え?これいつ撮った?というショット。もう今まで撮影をお願いしなかった事を後悔しましたね(笑)。

これから記念に残したい写真がある皆さま、ぜひ入江英樹氏に一度撮影してもらって下さい!
入江さんありがとうございました!

小春日和vol.677 小春の受験に際して思うこと

カテゴリ:
IMG_1570

まず、同じ地域でも高校の選び方や内申やら受験方法のシステムが違う。学校の数と受験生の数が違う。

それなのに、父も母も「パパの頃は〜」「ママの頃は〜」と進学できたというだけで先輩面して武勇伝のように畳み掛けるように話してしまう。これは、今の受験事情を学校でも塾でも、耳がタコになるくらい聞かされている本人にとってはうるさい以外の何物でもない。錆びた古臭い情報でしかない。

冷静に振り返ってみると、父も母も武勇伝の様に話せる内容でもない高校受験体験者であった。しかも、大学受験のモチベーションや体験と混同してしまっていて、高校受験体験の事を話しているかどうかも自分たちでもよくわかっていないのが現状。そんな話は、混乱と苛立ちを招くしかないだろう。

色々な気持ちは置いておいて、人生の中でチャレンジしたい事がある充実した時期を親として焦りながらも見守ってやりたい。

僕の高校受験の目標は、とにかくサッカーの強い高校に行きたい

         ↓

けれど坊主は嫌(当時、私立の大半が1年坊主だったが、今は絶滅してる?)

          ↓

そして1年がボール拾いは嫌(都立は人数が少ないから出れるかも)
自分の学力にあった都立は、夜間もある二部制で、進学校。
学校見学の説明で部活が17時半までで、野球部とグラウンドを半々で使うと言われたことで物足りないと思ってしまいった。(部活の時間きいてなかったら行ってたかもなあ。今思えば効率的に行えば1時間半の方がよかったのかも)
ランクを4つ下げて、その年に都大会でベスト16に入った都立高校に進学した。
願書を出す寸前まで、塾の先生や母親に反対され、実力のあった高校に行かせたかった母親は、1日家出をした。
結果的には、高校3年間サッカー部でレギュラーで試合に出続けられたのでよかった。
今でも、同じ部活だった同級生と同じ草サッカーチームに入っていたりする。自分の決断に責任を持てた事は良い経験だった。

奥さんは、修学旅行で沖縄に行きたいという理由で、ランクを一つ下げての高校受験。当時担任の先生が家に訪問しランクのあった高校への進学を説得された。
「何でそんなに△△高校が良いんだ?」の問いに本当の気持ちは隠して、
頑なに「自由な校風。(修学旅行が沖縄旅行だから)」
「行ってみたら違ったと思うかもしれないぞ!」
「自由な校風。(沖縄行きたい!)」を繰り返し押し切った。
結果、高校3年間楽しかったとのこと。
今でも、1年に1度は数人で集まる高校の同級生がいるので良かったと。

1月の下旬に家の近くで「だるま市」という大掛かりなお祭りが毎年あり、寒雨の中、少6の妹は、放課後急いで神社へ向かった。目当ては、仲見世のいちご飴とカリカリポテト。お姉ちゃんの為に合格祈願のだるまを買う使命を担う。雨の為、だるま屋さんが早仕舞いしてしまいほとんどの店がいなくなった中、毎年同じ大きさの4号を求めて、数少ない店の人が残っていただるま屋さんに声をかける。
「お姉ちゃんが受験なんです。」と。
「2500円で買えるだるまはありますか?」
「4号(2500円)は売れちゃったなあ。一回りでっかくなっちゃう5号ならあるんだけどねえ。」
「それ2500円で買えますか?」と言うと
「じゃあ、これ2500円ね」と持ってきた古いだるまと交換で袋に入れてくれたそうで。「合格祈願お願いします」と口上までお願いしたという。
「じゃあ一発で合格した方がいいもんね。お姉ちゃんの一発合格を願ってよーポン」姉は妹に感謝してるんだかしてないんだかニヤニヤしながら、志望校合格の願掛けをしながら左眼を入れていました。
妹は、「小春ちゃんが合格したら〇〇高校の文化祭に行く」と受験の応援だかなんだか未来のある言葉をかける。

3/29家族写真 in Rojiroom 大阪 

カテゴリ:
IMG_0084
2020年3月29日(日)10時〜16時に大阪Rojiroomにて家族写真イベントを行います。
1組30分でRojiroom周辺にてご家族の写真とその合間にスナップ写真を撮影します。
IMG_0156

予約の空き状況はコチラから確認下さい。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=iriephoto%40yahoo.co.jp&ctz=Asia/Tokyo

IMG_0488
予約は、コチラまで iriephoto@yahoo.co.jp


IMG_0529
毎回、Rojiroomnに置いてあるオブジェの太鼓を叩く娘さんを後ろで応援する両親。年賀状に選んでくれました。

IMG_0324
「これを見るんだよ」の父の指。娘さんは大抵良い顔で写ってます。声が聞こえてくるようなこの瞬間も家族にとっては愛おしい。

IMG_0327
その一瞬後も、良い表情。最初は、緊張していたお子さんが、最後には一番はしゃいでいたなどその日の撮影の雰囲気を思い出せるような写真をアルバムにお入れして撮影した全てのデータと共に郵送します。

IMG_0384
お父さんと娘さんが仲良くしているシーンは、逃しません。僕も娘を持つ父なので。

IMG_0374
両親の気持ちがほぐれてくると、お子さんもリラックスした表情になります。

謹賀新年2020

カテゴリ:
年賀状2020

本年もよろしくお願いします。
今年は、小春が高校受験につき、小春が生まれたから初めて、奥さんの実家への帰省なし
いつもと違う流れに、戸惑いながらゆっくり過ごすお正月です。
入江家の本「ひまのつめあわせ」が出版されました。作成するのがこんなに楽しいので、
完成したら少し寂しい気持ちもありますが
春からこの本のイベントなども予定されているので、そちらも楽しみです。



※写真は、昨年6月に谷川邸にて、もこもこもこを読んで育った子供たちと谷川さんの対談というムック本記事の取材にて。

入江家本「ひまのつめあわせ」編集会議大詰め

カテゴリ:
IMG_5428


入江家本「ひまのつめあわせ」の打ち合わせも大詰め。
親の写真と絵ももちろんのこと、小春と夏乃の今まで書いたメモ書きや親への手紙などの
ページもあり、まさに入江家のほんという感じかする。
口を抑えて笑っている編集の渡辺くんとのラインでも一問一答も入る。
この時、夕飯時で、小春がお腹が空いて直前まで、仏頂面だったのに、写真を構えた瞬間に
満面の笑みで座る。その早代わりに、渡辺くんは思わず吹き出してしまった。

このページのトップヘ

見出し画像
×