カテゴリ

カテゴリ:日記・コラム・つぶやき

小春日和vol.592 中学生になったら

カテゴリ:
 



DPP_022176
 

小学6年生の時は、
大人だなあ。立派だなあ。 でも緊張して張りつめてるなあと思っていました。

中学校に入学して、どうなるのかなあと思っていたら、
右も左も分からない新1年生という言葉がふさわしい、間の抜けた感じなった。
そして、妹に対して厳しかった態度も緩やかになり、笑顔が増えた。
小春に、学年が追いついてきたのか
小春が、学年に追いついたのか
とにかくちょうど良いらしく、怒る事も少なく、鼻唄が多い毎日を過ごしている。
 

土屋鞄のコンセプトブックと小春の入学式写真

カテゴリ:
   DPP_022073   

2017年度土屋鞄のランドセルのコンセプトブックに小春の入学式の写真が掲載された。
「2017年、3月この写真の小さな小春ちゃんは、小学校を卒業しました。」
という素敵な言葉を添えて頂きました。この1枚の写真は、とてもたくさんの
出会いと思い出をくれました。土屋鞄のランドセルを娘に使わせる事ができた
幸運がもたらした出会いではあるのですが、娘にもらった出会いのような気がします。
学区域が違い、ほんとうに一人も知り合いのいない小学校に入学したその日
はじめて教室に座り、緊張して前を向く小春。その手はランドセルをぎゅっと抱えている。
ランドセルは6年間こうやって共にあるものなんだと思いました。

DPP_022072


DPP_022074

親の記憶は、この写真の様に赤ちゃんのまま
もしかしたら、ランドセルの方が家では見せない成長していく
姿を見守っているのかも。

DPP_022075

何が無い日常の、その先にあるランドセル。

※4月15日〜23日浅草橋ルーサイトギャラリーで開催する「おうち、」にて入学式や小学校卒業までの全部の写真と小春のランドセルを展示します。ぜひ遊びに来てください。
詳しくはコチラ↓
http://fukudakayoenikki.blog.jp/archives/15397266.html#more
 

引越し前のおうちで家族写真

カテゴリ:
DPP_020993
                                                         2017.3.23

 

歩いて100歩のご近所さんである湊さんの運営するminato furnitureの工房を秋田の能代へ移す。能代のご出身なので戻られるかたちになるのだけど、秋田での仕事も以前から多かったので、往復を短期間になんどもしていられたので、どっしり能代に居を構えて仕事をされるのは自然の流れだったのかもしれません。引越されることを聞いてから、住んでいる家の前で撮りたいと話していたので、直前でしたがお撮りできてよかったです。


                      
DPP_020998

家の前の道で
                       
DPP_020983
いつも遊んでいる場所だと表情が柔らかい

                        
DPP_020971
いつもこうだったよねと思い出せそうな一枚
                       
DPP_020977
ご近所さんからの野菜のおすそわけの瞬間
                        
DPP_021002
木工あるあるで、自宅に木屑を持ち帰るので、家族の足の裏にささるらしい。
                       
DPP_021045
 秋田はつながりもありつながっていきたいと思っているのでこれからもよろしくお願いします。

小春日和vol.591 前菜ままごと

カテゴリ:
小6の2人と小4と小3の四人で木屑をうまく並べて
叩き売り風に、「いらっしゃい、いらっしゃい、これはアメリカでは大人気でトランプさんも
食べてるよ」というセンスが亜おしろい。自分たちよりもちいさい子供たちが、
4人の迫力に押されて周りからしゃがんでくさや小石などを調理ままごとを続けていた。 


DPP_020757


DPP_020759


DPP_020755


DPP_020757



このページのトップヘ

見出し画像
×