カテゴリ:
IMG_1911

隣接する市での卒業式は、教職員と生徒のみで開催された。
天皇皇后両陛下は、他の地域で参加できない親御さんがいることを
考え、愛子さまの卒業式の列席を、自粛された。
そんな状況の中、小学校中学校ともに卒業式保護者2名の参列を大丈夫との決定をしてくれた。
僕らは、粛々と参列した。

「学校休校で、予行練習がほぼ当日のみしかできず、
お見苦しいところがあり申し訳ありませんでした。
来賓で呼びたかった離任された先生もこの場に呼ぶことも叶わず...。」
と式後生徒が退場した後の説明で中学の学年主任が涙で何度も言葉を詰まらせ中断しながら話してくれた。
式中は、立派な式に感心しながら、歌声に感動しながらただ見守っていた保護者も、
先生の言葉に、大変な状況の中での開催決定がいかに大変だった事を思い、
親として列席できるかわからなかった状況も思い出し、
親のすすり泣きが会場中に響いた。

3年間の感謝はもちろんだが、
最後の締めくくりの場を提供してくれた事にとても感謝します。

IMG_1900


IMG_2374

式の合間の笑顔は、親にとってのご褒美だと思った。
毎日楽しい事だけでないだろうけれど、学校で友人と楽しく過ごせたのだと思える。

IMG_2324


小学校は、中学校に比べると卒業生の数も3分の1程度なので、
アットホームにゆったりと行われた。
証書授与では、一人一人の夢などを宣言する場面もあった。


IMG_2418

これからのふたりの新生活が始まる頃はまだまだ混乱している社会情勢ではあると思われるが、
このひまだらけの状況を柔軟に楽しんでいるようにも思える。
困難な状況にも柔軟に向かっていけると思う。