アーカイブ

2020年04月

小春日和vol.681 おにぎりピクニック

カテゴリ:
連日のコロナ報道や集まってくる情報に辟易して、少し暗い気持ちになっている日々。
家族より少し早起きしておにぎりを握り(おにぎりだけは自分の担当)家の近くの森へおにぎりを持ってピクニックに行く。
娘達が小さい頃は毎週末、朝ご飯やランチを持って食べに行っていた。小さい頃からの思い出が、少し大きくなった娘達と今でも変わらず森に行けるというのは、親にとって特別な日常なんだと改めて思う。森に癒され、気持ちがふっと軽くなった。

IMG_3353


IMG_3363



IMG_3362



IMG_3369

IMG_3371


IMG_3399




IMG_3379



IMG_3404



IMG_3408


IMG_3411


IMG_3430



IMG_3440

穏やかな日の家族写真

カテゴリ:
IMG_2097


この撮影は、偶然日程調整をしていて前倒しになり実現出来た奇跡の家族写真だと思っています。
本当は、息子さんが小学校を卒業して4月に中学校に入学する直前に行う予定でした。
あの頃は、4月に入ったら学校も通常再開に伴って、部活の日程が読めないということで卒業式直後に行いました。今思うと、4月だったら延期していただろうと思います。
 あの日は、春らしい暖かい陽のもとに撮影を行えました。
 この桜が満開だったら良かったのにと話しながら、近所の仲良しな友人も参加してくれ

近所の公園で
木に登りながら

IMG_2005

ジャングルジムに登りながら

IMG_2139

跳躍を皆で合わせて記念撮影。

IMG_2029


それから家に戻り家族で撮影。
最初は、慣れない中学校の制服に袖を通して緊張していた主役の新一年生も
公園で身体も心もほぐれて良い表情で写ってくれた。

IMG_2170

突然、小学校最後の登校日がやって来たので、再現しました。

IMG_2246


IMG_2253

とても仲の良い4人家族で撮影していて楽しかった。撮影が終わってもなんだか居心地がよく
話し込んでしまいました。また近い将来笑顔で再開し、たわいの無い話の続きをしたいです。


IMG_2216

自分に依頼してくださった経緯まとめてくれた記事です。
とても心打たれました。実現して良かったです。


子供達が生まれてから記念日には某スタジオ〇〇で撮影をしてきた我が家。
三月に息子が小学校を卒業したのでいつ撮影しようかと息子に話したところ、え?もうそういう撮影しなくて良くない⁈と…本人が嫌なら仕方ない…でも記念の写真は残したい!そう思っていた時、ふと、あ!入江さんに家族写真お願いしよう!と思い立ちました。息子に入江さんにお願いしようと思うんだけど、やっぱり撮影は嫌?と聞いたら入江ちゃん(笑)ならいいよ!と謎の上から目線で(笑)快諾。

入江ちゃん、こと写真家の入江英樹氏が我が家に来て下さって、自宅と近くの公園で撮影。仲良くしていただいているお友達家族にも参加してもらいました。

仕上がりを楽しみに待ち、ついに来ました!
作り笑顔(笑)や加工無しの子供達の自然な笑顔の写真、久しぶりに見ました(笑)
もう、最高の仕上がり!お願いして良かった!
撮影の技術はもちろんと思いますが、入江氏の子供達への接し方やさりげないアドバイス、存在感を消して(笑)え?これいつ撮った?というショット。もう今まで撮影をお願いしなかった事を後悔しましたね(笑)。

これから記念に残したい写真がある皆さま、ぜひ入江英樹氏に一度撮影してもらって下さい!
入江さんありがとうございました!

小春日和vol.680 夏乃、中学校入学

カテゴリ:
IMG_3266

小春の都立中学校の入学式は、前日の17時頃連絡があり延期。そんな中、夏乃の中学校はHPで開催の予定から変更なし。行ったところで、中止の可能性もあるかもと思いながら予定通り準備をする。中学生は、前髪命。鏡の前で過ごす時間が増える。

IMG_3270

家の前で撮影。ちょうど入れ替わりで卒業したお姉ちゃんの制服のお下がりがダブダブだが、それが新入生らしくもある。

IMG_3294

中学校の目前の道。校庭の桜も今年は長く咲いていた。ついこないだ長女の卒業式では、もう少しで花ひらく頃だったことを思い出す。

IMG_3301

こんな時期、延期にしてしまった方がどんなんか楽だったかと思いますし、内外から賛否色々な意見もあっただろうし予想もされる中の開催。やはりハレの席を設けてもらえたのは親としては嬉しかった。IMG_3326

式中、全員がマスクを付けているという異様な雰囲気だが、これも近い将来、2020だけの思い出となる日も来るだろう。集団で集まることでの感染拡大を考えて欠席されたご家族もいたかと思います。出席したことが浅はかな行動だったかもしれない。でも晴れ姿を見れたことは親としては素直に嬉しかった。

こんな状況でも子供らは柔軟に受け入れて、人生を楽しんでいる。明るい未来が訪れますように。中学校生活が平常運行される日が来ることを切に願います。

このページのトップヘ

見出し画像
×