アーカイブ

2019年10月

エキュート東京ikisuiへ五月女寛さんに会いに行って来ました。

カテゴリ:
IMG_5890
「おうち、」で一緒に参加する
陶器作家の五月女寛さんがグループ展「Something Architecture」出展中
東京駅丸の内南口のエキュート東京の期間限定イベントスペース
ikisui
https://www.ecute.jp/tokyo/limitedshop/1454

駅構内なので、通りすがりに立ち寄れます。
IMG_5887

東京駅の人混みにある店とは思えないほっと落ち着く空間です。

IMG_5888



IMG_5886


IMG_5885

IMG_5881


IMG_5884

五月女寛さん、11月4日((月)まで毎日在廊しています。

小春日和vol.672 鉄棒前回り朝練

カテゴリ:
IMG_5648

 「パパ明日、6時20分に起こして」という言葉通り、起こすと
 5分後に公園へ一緒に誘われる。

IMG_5650

新しい太陽の光を浴びながら玄関を出る。

IMG_5651

昨日まで、出来なかったことを考えを巡らせながら公園へ


IMG_5659

逆上がりをした後に、前回り後に下に降りずに一回転したところで止まるという技

IMG_5660



IMG_5655




       IMG_5658

何度やってももうすぐのところで落ちてしまう。

IMG_5664

朝露が着いた鉄棒と起き掛けに公園に来てまだ朝の気温に慣れていないので、
何度も太ももで暖めてから再チャレンジする。

IMG_5661

手を掛けた部分だけは朝露が取れている。なんだか朝練ぽい。

IMG_5667
一度も成功出来なかったが、時間なので家に戻る。
夜、結果を聞く。
本番は、失敗したが、その後、5度チャレンジしてダメだった。
悪いところを見て欲しいと先生にアドバイスをもらおうと回ってみたら
成功したとのこと。結果朝練の効果があったのでは。



入江家本「ひまのつめあわせ」編集会議大詰め

カテゴリ:
IMG_5428


入江家本「ひまのつめあわせ」の打ち合わせも大詰め。
親の写真と絵ももちろんのこと、小春と夏乃の今まで書いたメモ書きや親への手紙などの
ページもあり、まさに入江家のほんという感じかする。
口を抑えて笑っている編集の渡辺くんとのラインでも一問一答も入る。
この時、夕飯時で、小春がお腹が空いて直前まで、仏頂面だったのに、写真を構えた瞬間に
満面の笑みで座る。その早代わりに、渡辺くんは思わず吹き出してしまった。

「おうち、」家族写真イベント行います。

カテゴリ:
DPP_023075

グループ展「おうち、」11月16日〜24日までルーサイトギャラリーにて開催します。
家族写真撮影イベントを行います。
撮影日は11月16日、17日、18日、20日、21日、24日(19日、22日、23日お休みです)
撮影時間は、各日ともに
11:00~11:30
11:30~12:00
12:00~12:30
12:30~13:00
13:00~13:30
13:30~14:00
14:00~14:30
14:30~15:00
15:00~15:30
予約状況はこちらから確認ください。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=iriephoto%40yahoo.co.jp&ctz=Asia/Tokyo

予約はこちらからお願いします→ iriephoto@yahoo.co.jp

DPP_023084

ルーサイトギャラリーの門の前などで何パターンか撮影。


DPP_023090

ギャラリーの外側土塀の前でも撮ります。


DPP_023092


隅田川沿いに広い遊歩道がありそちらに向かいます。

DPP_023100


隅田川沿いではスカイツリーが大きく見えます。

DPP_023116

ギャラリーから広い所に移動するとお子さんもリラックスした表情に

DPP_023142


リラックスしたお子さんは、
時々、タンポポの綿毛を見つけて口を尖らせて吹いたりします。

小春日和vol.672 小春15歳になりました。

カテゴリ:
IMG_5592


2019.10.13  写真 入江小春


10月19日、小春が15歳になりました。おめでとう。
思春期の娘にグループ展「おうち、」用に夫婦の写真を撮ってもらいました。
構えた途端にパシャパシャと連写する娘に笑みがこぼれてしまいました。
語彙は、多いのに口数が少ない小春っぽい撮り方です。
構図がすぐに決まり、決まったら無駄なく撮る。小春らしい。

中3で高校受験真っ只中。
最寄りの駅まで、自転車で通うが、雨などの時には、送迎している。
時々、友達も乗せて帰ることもある。
そんな時は、後部座席で、小春主導で、たわいも無い共通の友人の話を笑いながら
話し続けている。友達とおしゃべりをする時に楽しいというのは、
もう親としては知らない場面だけど、これからはそういう場面が増えていくのだろう。

人生は、「また会いたいな」と思える人がいると楽しいと思うよ。

このページのトップヘ

見出し画像
×