アーカイブ

2018年08月

プレジデントオンライン 森岡毅さん取材撮影

カテゴリ:
IMG_0441



 
USJ再建の立役者であり、日本を代表するマーケターである森岡毅氏は、
「日本企業の多くはマーケティングを知らない」という切り口で話されるインタビューの撮影を担当しました。
2時間のインタビュー中、森岡氏の
人柄からにじみ出る熱意と引き込まれる語り口に引き込まれ
危うく撮影の手を止めそうになることがなんどもありました。

取材後に早速、著作
「マーケティングとは組織革命である」を購入して読んでみると
引き込まれて一気に読んでしまいました。

インタビュー風景撮影掲載
プレジデントオンライン 森岡毅氏「リアル店舗がネット通販に勝つ唯一の方法

映画「カメラを止めるな」と夏バテと

カテゴリ:
IMG_1901


酷暑にやられ、1週間前から夏バテ気味だった。

めまいやお腹に張りがあり不調が続いていた。
そんな時に奥さんから映画「カメラを止めるな」の誘い。

37分間手持ちカメラのノンストップ映像が続くという情報だけは、何故か知っていたので、
前評判が高いので観に行きたかったし、そこだけ耐えれば楽しめるだろうと予約。
混んでいたので前の方の席になり、見上げる形で鑑賞。
凄く楽しめ、映画っていいなという充実感に浸りながら帰宅。

帰宅直後からめまいとふらつきと吐き気と腹痛が激しくなり
夜ご飯も食べられずに、経口補水液とアイスだけ食べて朝まで動けず寝る。
翌日、朝一で内科受診。
ここ1週間の症状と、昨日の夕方頃から症状が激しくなったことを説明する。
「午後に何か変わったことはありましたか?」との質問で、これからこの先生に説明しないと行けないことと交わされるであろう会話が想像できた。
「映画を観ました。」
「タイトルは?」
「カメラを止めるな!」
「それで分かった!私も観たいと思っていた。
ネタバレするから内容は話さなくていいけど、
テレビの宣伝で見るくらいだけど

手ブレ映像が疲れるだろうなと思ってました。」
「はい。体調悪かったし疲れました。
あと、前の方で見上げるかたちで途中から吐き気も出てきたけど
のめり込んで観続けていました。」

「それで答えが出ました。
腹痛と便秘の方は、薬を飲んで様子をみて続くようなら消化器系の専門の受診をお勧めします。
めまいの方ですが、おそらく、疲れている状態で、
激しい映像と音響に三半規管が処理できず
自律神経が耐えられなかったのはないかと。
若い頃は大丈夫だったことでも中年期になるとこういう事は起きます。」

「後ろの方で観れば良かったです。」
「そうですね。首が不安定になるとこういう映画では起こりやすいでしょうね。
私も観に行くときは、後ろの方で観ます。
ありがとう。お大事に。」


専門的に説明して下さったけれど、
映画をこれから観る先生は、映画をより楽しみにされ、
映画を楽しんだ満身創痍の僕は身体を張って映画の宣伝をしに通院したみたいになりました。
それでも良いと思うくらい楽しい映画でした。

katakataとグラニフ展とムービーと

カテゴリ:
IMG_1485
グラニフ原宿ギャラリー特設会場にてkatakataのコラボTシャツが7/17に
発売されたのを記念してkatakataとグラニフ展が8月8日まで開催されています。

会場で流れる作業工程のムービーは
4年前にkatakataの工房にて 
IRIEFILM(撮影 入江英樹 構成編集 フクダカヨ)が
撮影させていただいたものが上映されています。

IMG_1488



IMG_1481


IMG_1498


このページのトップヘ

見出し画像
×