アーカイブ

2015年12月

小春日和vol.547 クリスマスに向けて

カテゴリ:
三軒茶屋にあるやきがしやシュシュクル のヘクセンハウス教室に参加しました。
パティシエの普段使っている道具を使ってお店で作るのは
とてもたのしそうでした。自分で型を抜き、焼きたてのクッキーを飾り付けるのも新鮮な体験。
でも、つまみ食いが過ぎました。
そして、家でも通る度につまみ食いを繰り返しいまでは土台のみを残すだけになり、
夏乃はクリスマスを前に、「コツをつかんだから、また早くやりたい」と言っています。

Dpp_012927


Dpp_012895


Dpp_012893


Dpp_012900


Dpp_012903


Dpp_012904


Dpp_012917


Dpp_012919


Dpp_012920


Dpp_012922


Dpp_012932


Dpp_012934



小春日和vol.546 白川郷合掌造り民家園散策

カテゴリ:
夏乃の七五三の日は、冬の嵐でお参りは断念したのですが、帰る日は、とても気持ちのよい小春日和。
帰り道に白川郷へ寄りました。民家園は、村がそのまま再現されていて、火事で焼けた家向けの仮住宅までありました。家の中も見学が出来、想像以上に楽しかった。2015.11.30


Dpp_013072


Dpp_013081


Dpp_013087


Dpp_013089


Dpp_013093


Dpp_013097


Dpp_013105


Dpp_013106


Dpp_013110


Dpp_013116


Dpp_013117


Dpp_013118


Dpp_013123


Dpp_013128


Dpp_013130



小春日和vol.545 夏乃の七五三

カテゴリ:
本当は、昨年行うのが良い年なのですが
日程の都合で、一年後ろ倒しになりました。
せっかくだから奥さんの実家の近くの
白山比雌神社で祈祷をしてもらおうと半年ほど前から企画。
他の家族の七五三の参拝には、よく参加するのですが
写真を撮るだけなので
今回は、親が七五三でどれだけ大変か痛感しました。

Dpp_012949

まずは髪型から。この時がテンションのピークだった。
着付けを行い始めると表情がなくなっていった。

Dpp_012940

着付けは祖母に任せる。

Dpp_012941

宿題を持ってきて、つき合ってくれた小春。
週末、家に残る方法を真剣に考えたらしいが
どう考えても無理だから一緒に来る事にしたとのこと。

Dpp_013010

Dpp_012961

床の間の前は、着物で座るだけで絵になる。

Dpp_013032

残った力を絞り出して笑顔でカメラを向く。
親としては、これが予行練習のはずでしたが、
冬の北陸は、嵐の季節。当日は悪天候のため白山比雌神社への参拝は断念しました。

※12月7日発売のアエラNO55に「はたらく夫婦カンケイ」という連載に入江家が掲載されました。

小春日和vol.544 妹を心配する姉と姉に憧れる妹

カテゴリ:
Dpp_0124842015.11金沢 コラボンにて

姉は、自分の遊ぶところにばかりついてくる妹を心配し
「もう少し、自分の同級生と遊んだ方がよいのでは?」と母に話す。

妹は、自分の友達との約束をキャンセルしても、
姉の遊ぶところに付いて行く。そして、「自分も、姉みたいになりたい」と母に話す。

このページのトップヘ

見出し画像
×