アーカイブ

2015年06月

ロンドン家族旅日記ときどき風景写真 vol.5

カテゴリ:
Img_2143

宿泊したアパートがある通り

Img_2149

台所があったのでちょっと
した料理が出来たので
3食ウチで食べられたのは
子連れには
とても良かった。

Img_2158

特に急ぐ用事もない日は朝食後もそのままだらだらして過ごしてから

Img_2168

さすがに、3,4日経つと時差ぼけの影響もあり
最年少は、朝から疲れているので
かわりばんこにおんぶに抱っこで出掛ける。

Img_2174

街には、素敵な紳士がカフェで過ごしている姿をよく見かけます。


Img_2177

道ばたで大げさな字ジェスチャーを交えて
同僚と論議をしているのかなと思われるビジネスマンもよく見かけます。

Img_2182
このケーキ屋さんのケーキは昔教えてもらって
美味しいかったのを覚えていて
家族で食べました。

Img_2195

コベントガーデンの石畳に反射する日の光が幻想的に影を作るということは
前から知っていたので、よく撮影していた場所ですが、家族がその光の中に
いるのはとても不思議な感じでした。

Img_2215

コベントガーデンのApple Market前の広場


Img_2233
レスタースクエアのジェラート屋さんでジェラートを食べる3人。

Img_2234

ジェラートを食べる3人を前から歩いてきた老紳士が
こちらを微笑み見ながらすれ違う。
Img_2240
雲の浮かぶ青空
Img_2245
厚くちぎったような雲とビッグベン
この雲のあるロンドンの風景が好きです。

Img_2257

メリーゴーラウンドを見つけて、それまで元気をためていたんじゃないかとおもわれて

Img_2267

夏乃は小さい赤ちゃんに思われたようで、母同伴ならOKでした。
Img_2299ビックベンが向こう岸に見えるベンチに座る姉妹。


Img_2326

シャーロックホームズが住む街Baker St 駅構内で
雰囲気のある人と同じベンチに座る娘たち

Img_2341
友達から紹介してもらい、ロンドンのこはるちゃん一家を訪ねました。
この後、滞在中に3度も会ってもらい、移動や刺激に疲れていた子供たちに、
旅行中に会える友達ができて
とても助けられました。



ロンドン家族旅日記ときどき風景写真 vol.4

カテゴリ:
Img_2032

大学の通学路に20年後、子供たちと歩くという贅沢。

Img_2033

近代のビルと歴史ある教会が当たり前の様に隣合っているのがロンドンの良さだと思う。

Img_2034

イギリスのドアの青さは潔い。

Img_2043

通っていた大学の敷地内に娘がいることが感慨深い。

Img_2050

19年前に毎日授業に通っていた建物。

Img_2046

娘と記念写真を。


Img_2051

イギリスの赤も潔い。

Img_2056

曇りがちなロンドンは、影がない写真が多い。

Img_2058

ロンドンの光は、弱々しく西日の様に長い影。

Img_2063

大英博物館前の通り

Img_2072

大英博物館の入り口前

Img_2094

最近、長かった大改修工事が終わり
中央の部分の屋根がとても良い。

Img_2099

昔から好きだったモアイ像をロンドンで見れたことに
19年前に感動し、暇さえあればモアイ像のある人類博物館に通いました。

Img_2104

大英博物館の空間は、一日で見切るには大きすぎるが、観覧していてゆったりしていて気持ちがよい。

Img_2110

アートクラスでヒンズー教のナタラジャ神像でレポートを書いたことがあったので
娘たちがポーズを決めてたった時のうれしさったらなかった。

Img_2120

万国共通だが、郵便局員の仕事ぶりは見とれてしまうほど
手際よく自信に満ちている。

Img_2124

ロンドンバスを背景に
馬跳びをする姉妹。

Img_2132

広い建物を背景に人と車の配置で
ロンドンの空間の広さを感じられる。
この距離感が心地よく
段々と写真にはまっていったことを思い出す。

小春日和vol.538 ブランコ2人乗り

カテゴリ:
Dpp_008068
最初は、やらないと冷めた感じの小春だったけれど、
夏乃がとても楽しそうにブランコに乗っているのを見て
隣で乗る。

Dpp_008075

乗ってくると、2人乗りを始める。
上を見上げる夏乃は、一緒に乗れて楽しいんだろうなという表情

Dpp_008081

そのうち、小春の方が楽しそうに声をかけていた。
自分も子供の頃は、2人乗りをやった記憶はあるのだけれど
誰とやった事があるかなと思いを巡らすのだが
思い出せない。たぶん、同級生とかだろう。
兄とはやったことは無いと思う。
姉妹でブランコを自然にやるなんて
良い場面に立ち会えたのではと思う。



ロンドン家族旅日記ときどき風景写真 vol.3

カテゴリ:
Img_1818
宿泊していたアパートの玄関前

Img_1853

今回の旅行、2日目にして一人だけでパン屋さんに入る。

Img_1855

朝、買ったばかりのクロワッサンをほおばりながら歩く夏乃は街に溶け込んでいる。

Img_1872
今回の旅の目的地のひとつであるHampstead Heathに到着。

Img_1881

この風景を見せたかったんだと思いながらシャッターを押す。


Img_1883

湖畔を歩き、丘を目指す。

Img_1897

コートの似合う男性に続いて登っていく。

Img_1900

広い場所では、気持ちよく走るのが正解。

Img_1914

ベンチにぽつんと座る二人。


Img_1920

小春が何を差しているのかは忘れました。

Img_1943

散歩中の犬が二人に近寄る。

Img_1961

記念写真1

Img_1967

記念写真2

Img_1979

丘を下っています。

Img_1994

珍しい大型トラックを気に入り、着いていく

Img_1997

何気なく歩いているが、足の運びが揃っている。
Img_2016

自分が3歳の時に同じ24番のバスの前で写真を撮ったのと同じ感じで撮りました。
Img_1795

アパートに戻り、今日の事を絵日記にしたためる奥さん。リビングのエクストラベッドでくつろぐ二人。



小春日和vol.538 運動会

カテゴリ:
Dpp_007543

朝は眠そうな児童が多いなあと思ってたら、うちの子も。小春が、じぶんのあくびを撮られたと
見間違うほど遠目だと似てきたようですが、ラジオ体操中の夏乃のあくび。

Dpp_007561

キレキレのダンス。
曲はスマップの「SHAKE」
小学生のアナウンスは「懐かしい曲に合わせて2年生が踊ります」と
生まれても無い人が紹介。

Dpp_007581

気持ち良さそうに走る小春。結果は後ろから2番目。
自分の頃は忘れましたが、小春の名誉のために
タイムが近い人で走るそうなので、接戦で誰が勝つかは最後までわからない。

Dpp_007585

運動会の係をしました。
100M走の誘導かかり。

Dpp_007595

1つ上の6年生の手をつなぎ、順位の列へ誘導。



Dpp_007598
用具置き場のヒンヤリしたところで休憩。
係の特権だな。

Dpp_007614

大玉ジグザグ競争で夏乃が転がすのをコーン係として見守る小春。

Dpp_007637

騎馬戦では、騎手を務める。

Dpp_007646

夏乃リレーの走りはリラックスし
1位のバトンを1位のまま渡す。

Dpp_007656

50m走の直前、緊張するなあという表情でぴょんぴょん跳ぶ

Dpp_007666

気合いが空回りし、スタートから力が入り過ぎました。

Dpp_007678

ソーラン節
昼休みに、裸足で衣装に着替えに教室に向かう廊下で
画鋲を踏んでしまい、止血など治療をほどこし
包帯と靴下で演技。
移動では、痛そうにしながらも立派にやりきる。
Dpp_007695

しめくくりは高学年対抗リレー小春の安定した走り。
怪我の影響を感じさせない力強い走りでした。






このページのトップヘ

見出し画像
×