アーカイブ

2014年03月

小春日和vol.491 ロンドンへ

カテゴリ:
Travel


1995年3月15日地下鉄サリン事件の日に、ロンドンへ留学し2年を過ごしました。
2014年3月16日家族4人でロンドンへ旅行に行きます。
子どもたちが小さいうちにロンドンへ連れて行きたいなと思っていましたが、
なかなかタイミングが合わず、決心がつかずで、
そうこうしているうちに、小春は今年で10歳になります。
雑誌かなにかで「つ」がつく年齢の体験が
その後の人生を左右するという記事を読みました。
つまり、9つが最後のチャンス。
ということで、2週間のロンドンとイタリアの家族旅行に行きます。
留学中に、学校の勉強が精神的にも大変で、現実逃避をするように、
ロンドンの街をさまよいながら撮り始めた写真。
今度は、家族をロンドンで撮るというのは、自分でもどういう風になるのか
自分が一番楽しみです。

    


小春日和vol.490 夏乃の卒園式

カテゴリ:
Sotuen1

今日、夏乃は6年間通った保育園を卒園しました。
16人の同級生とこじんまりと親同士も仲良く楽しい保育園生活でした。
これで、保育園にくるのが最後かと思うと、とても名残惜しく思いました。
そんな風に思える保育園で、卒園式という行事にちゃんと緊張しながら、
参加する夏乃。大きくなったなあ。

Sotuen7


Sotuen4


Sotuen5


Sotuen2


Sotuen8


Sotuen9



小春日和vol.489 お姉ちゃんのためなら

カテゴリ:
Kutsu


スケートに行き、ベンチで休憩していると、突然夏乃が、
向かいに座る中学生くらいのお姉さん3人組のベンチの足下にある靴を、
お姉ちゃんたちの足の間から潜り込んで取ってきて小春に渡した。
その場にいたお姉ちゃんたちもあまりの大胆な夏乃に声も出ない。
夏乃の顔は、主人(小春)に「よくやった」と言ってもらえると思っている飼い犬(夏乃)の様。
途中から、勘違いしたのがわかって声をかけようかと思ったが、もう少し、どうするのかなあと見届けた。
夏乃に、「その靴、お姉ちゃんに返しておいで」と言うと、「なんで小春ちゃんのだよ」と言うが、
小春の足下には、ブーツがあるのに気づき、無言で足下に返しに行く。
その後、お姉さんたちに、お姉ちゃんが同じ靴を持っている事と勘違いした事を説明。
その場は、和やかな雰囲気になりましたが、お姉ちゃんのためにさっと行動する健気な妹。

小春日和vol.488 スノーパーク

カテゴリ:
先月の大雪は、子どもたちにとって町中がスノーパーク。はしゃぎ回っていました。


Snowpeak1


Snowpeak2


Snwpeak3


Snowpeak4


Snowpeak5_2


Snowpeak6


Snowpeak7


Snowpeak8


Snowpeak9

最後は雪遊びのお決まりで
長靴の中に雪が入り、冷たくて
一歩も歩きたくないと泣きじゃくる夏乃。

2014 February

小春日和vol.487 今年もひなまつり飾りました。

カテゴリ:
Hinam1

今年も、がんばってひな人形を飾りました。ほぼ、奥さんが。
しまうときは、お義母さんに着て頂きます。



Hinam3


Hinam4

人形に取り囲まれるのが似合う夏乃。
ほぼ、狩猟で追いつめられた獲物みたいです。

Hinam5
細かいものを丁寧に飾る小春。

Hinam6

小春が一人だけで飾った小さい細工コーナー


Hinam7



このページのトップヘ

見出し画像
×