アーカイブ

2014年01月

小春日和vol.481 サプライズサンタクロース

カテゴリ:
まさか、こんなに早く、こんなに小さい人たちから
サプライズの演出があるとは思ってもいなかった。
おばあちゃん協力のもと、サンタクロースの衣装を買って保管し、
当日までほとんどわからなかった。
こそこそ自分たちの部屋で何かやっているのは知っていたけど、
というか、わざわざ「絶対部屋に入らないでね」という日が何度あったことか。
両親に「なんでもする券」をプレゼント。
結局、夏乃のパフォーマンス鑑賞券だったらしく
すぐに、チケットを要求されてパフォーマンスを強制的に見せられ、チケットは奪われた。


Santa1


Santa2


Santa3


Santa4


Santa5

クリスマスの日の朝は、目をこすりながら、寒い朝に二人でツリーの前に


Santa6


ブーツのお菓子を数え合う。

Santa7

チョロQの遊び方をしらない子。後ろに引いて動かす事が理解できず
やり方を教えても、後ろにぶん投げていました。

Santa8

結局、昨日の続きでまたサンタの衣装に着替えて、水陸両用のひよこラジコンを操作する。

Santa9



わが町の駐在さん

カテゴリ:
Img_0262

町内のどんど焼き
駐在さんも毎年参加。

普段も、すれ違うと娘たちが、「○○さんだ!どこに行くんだろう?」と
勝手に大好きになっている。

今日も、女の子が、熱いと言いながら頑張っているのを手伝いながら、
帽子で女の子の顔を遮ってあげていた。人柄の良さがにじみでる。
写真を見せると、「ハハハ」と照れ笑い。
その後も、夏乃が、駐在さんと偶然ぶつかって落ちてしまった焼き芋を
差し出してくれた。
僕が、「実は今、本人が『もう食べられないからいらない』と話してとこなんです。
本人はちょっとラッキーと思ってるかもしれません」(捨てる事を前提に)と伝えると
「土がついたとこを割っておじさんが食べてあげるよ。」

こんな人に町を見守ってもらえるので、安心感がある。

土屋鞄ランドセルカタログ2015

カテゴリ:
Kinuta          2009.10.15

2015年度の土屋鞄ランドセルのカタログに昨年に引き続き、
入江家の写真が使って頂けることになりました。
http://www.tsuchiya-randoseru.jp/media/2015/prepage/#firstPage

「もう入江家から出せるものなんかないですよ」と思いながらも、
土屋鞄の仕事は丁寧で本当に質の良い魅力的なランドセルなので、微力ながら
お力添えができるならばとご協力させていただくことになりました。

Tuti
2013.11.6夏乃のランドセルを買いに行った際に、
土屋鞄ランドセルチームと撮らせてもらった記念写真。
また、仕事をご一緒できるのは入江家にとっても、
とても楽しみなイベントです。

※土屋鞄製造所の工房が1月11日9時からのアド街ック天国の西新井大師の回で放映されます。

※表ページの写真(2009.10.15)と同じ日に撮ったブログの記事
懐かしいなあ。夏乃まだくるくるだった頃だ。
http://enikki.cocolog-nifty.com/iriephoto/2009/11/vol226-0691.html






このページのトップヘ

見出し画像
×