アーカイブ

2012年06月

小春日和vol.417 父の日

カテゴリ:
Father1

夏乃の鏡文字かわいい。直らなくてもいいのになあ。

Father2

父の日サプライズで作ってくれた垂れ幕。

Father3

ふるさと村まで家族4人で自転車散策

Father4

夕飯は小春鮨

Father5


Father6


Father7

おでこに米粒を付けながら握り切ってくれました。

Father8

夜は、パジャマでほたるを観にふるさと村へ

Father9

結局観れませんでしたが、黄昏時に家族で散歩もよいものでした。

Father10

結局、娘2人が仲良くしている姿が一番うれしい。
とても充実した父の日でした。

小春日和vol.416 お姉ちゃんに続け

カテゴリ:
Natsucycle1

1ヶ月半前に小春が自転車に乗れるようになった。
その頃から、夏乃は闘志を燃やし補助輪の自転車を猛烈に乗り出した。
先週、補助輪をはずしてくれと頼まれ
練習を始めた。
まだまだ腕がぐにゃぐにゃで
全然乗れる感じではなかった。
そして、親もまだまだそんななっちゃんなんか
乗らなくていいよと思ってた。(赤ちゃんのままでいて願望)
昨日、夏乃が自転車に乗れるようになった。

Natsucycle2

1度乗れたら、ぐんぐん乗れる。


Natsucycle3

気持ち良さそうに乗るもんだ。

Natsucycle4

突然、自転車をおいて「ちょっと走ってくる」と
自転車で走ったコースをなぞるように走り出した。


小春日和vol.415 小学2年生

カテゴリ:
Koha

小学校に入学してから、運良く学校で問題があるとか、学校に行けないという事はないけれど
家に帰って来ると、疲れて不機嫌でイライラして当たり散らしてという感じが1年生の間続いていた。
夏休みや春休みの長期休暇になると、毎日家でも穏やかで(親がそうであってほしい)いつもの小春。
でも、2年生にあがったくらいから、家でも昨年に比べるとイライラが減った。
週末になるといつもの小春。

小学校という集団生活は、大変なんだと思う。保育園に戻るか大人になりたいと話す小春。
でも、まあ学校に行くと楽しくやっているらしい。家で発散してバランスを取っているのだと思う。
両親も人間だから全て受け止められないけれど
親も小学校2年目に入り、ただ性格が荒れた方に変わっちまったのではなく、
疲れるんだろうなということがわかってきてほっとしている。
だから、すこしずつ小春とのやりとりも上手くなっている気がする。
単純に小春が思う楽しい事(今は自転車に乗る事)に付き合うってことを
なるべくやっていこうと思う、悩みながらだけど。
だけど、これがどうしてなかなか難しいのだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×