アーカイブ

2010年11月

「おうち、」のこと

カテゴリ:
Fujiwara1
「おうち、」に出展する藤原純の狛犬

Fujiwara2

工房で製作中の1m50cmの大作です。「おうち、」で展示予定

Fujiwara3
藤原家はひいおじいちゃんが信楽のたぬきの考案した人という家系です。



ルーサイトギャラリーde
12月5日〜12月12日まで「おうち、」という企画展をします。
隅田川に面した2階デッキからは、スカイツリーがきれいに見えます。
家族連れでもゆっくりできるスペースです。

入江家在廊日 12月5日、6日(親のみ)11日、12日
※会期中フクダカヨは毎日いる予定

馬鹿の大足

カテゴリ:
Foot

小学1年生で23cm
小学6年生で27.5cm
現在29.75cm

自分でも驚くのですが、身長175cmの僕の足が30cmなんです。
足が大きいのってなんの得もない。
ほとんど竹の定規と同じというのに驚く。
靴屋で気持ちよく靴を買えたためしがない。
「一番大きいサイズは何cmですか?」という問いを言わざる得ない。
サイズが合う靴は買っておかないと次に出会える可能性が極めて少ない。
試着は取り寄せになり、同時に買い取りでないといけない
(合わなかったときのリスクが高いし、それは試着とは言わないのでは?ということで毎回断念)
メーカーのロゴは無理矢理伸ばして作った感じでバッタものみたい。
満員電車や人混みで足を踏まれる事が多い。
靴が大きいねと言われる。(足が大きいだけで、できれば小さい靴を履きたいんです)
70代の伯父さんは28cm
ひいおじいちゃんが相撲界にスカウトされた。
母は戦後に牛を飼っていたので牛乳を飲んで育ったらしい。
親族の葬式では骨格がしっかりしていると葬儀場の人が毎回説明する。
手首をねん挫したときに、手首が太いと医者に感心される。
歯がひとつひとつ大きいので接地面が大きく虫歯になりやすい。
肩幅も大きく電車で座っても肩まで入らないので前のめりで座る。
まだまだ書きたいことはありますがこのへんにします。

そんな苦労している自分の足ですが、「馬鹿の大足」キライじゃない。

小春日和vol.284 ウチの七五三

カテゴリ:
Photo



Photo_2

ウチの七五三を10月の終わりの日曜日に近くの神社でやった。
義母の着付けがうまかったのでくずることもなく自分たちの姿に終始うっとりする娘二人
口紅まで塗ってもらった。

7533

今年は5組のご家族の七五三に同行させてもらいましたが、
自分の家のが一番気疲れした。
父親は実質ほんと何もしないのに気持ちだけなのに。

7534

あんなにうっとり着物姿を堪能してうっとりしてたのに口紅も塗りたくったのに
3歳の人は式後の記念写真は千歳飴を離さなかった。

このページのトップヘ

見出し画像
×