アーカイブ

2009年06月

小春日和Vol.202 正面の方は?

カテゴリ:
Deck

3ヶ月ぶりくらいに友人の田中夫妻を夕飯に招いた。
小春は遊びに来るのを楽しみにしていたし
夏乃だってわかっているものと思っていた。
直前に寝てしまい、食卓を囲む時にちょうど起きてきた。
寝起きでもむしゃむしゃご飯を食べる夏乃が食べない。
正面の田中くんを凝視している。
「どうしたの、食べないの?まだ眠いか」と親はそんな感じだった。
夏乃にしたら起きて連れてこられた食卓には家族じゃない人がいて
自分以外の皆は親しんで話しているけど、誰だろう誰だろうという気持ちだったのだと思う。
いつまでも凝視しているので、
僕が「なっちゃん田中君だよ」と声をかけると
今度はまっきん(奥さん)を凝視。
「マッキンだよ」と言うと安心したのか
いつもの様に食べ始めた。
夏乃の心情は、「食べたいけど正面に座ってる人は誰?」という感じだったのだろう。

後で考えたら夏乃には誰も田中くんが遊びに来ることを伝えていなかった。
小春には話していたし、その時は傍らで夏乃も遊んでいたので知っているものと思ってしまっていた。
しかも、1歳児の記憶は日々新しい記憶が増えるので
3ヶ月前に会った人までいちいち覚えていないかもしれない。
今後は夏乃さんにも来る人の事と来てからは紹介を欠かさないようにします。

よりみちの天才

カテゴリ:
Enikkiphoto
いつも通りソファーに座って絵日記を描く著者近影


フクダカヨの本が7月3日に発売します。
タイトルは「よりみちの天才」
880円 メディアファクトリー

登場人物の1人としましては
前作以上に面白く読みやすい本だと思います。
帯はまたまた谷川俊太郎さんに書いてもらってました。
「今日ここにある愛と幸せ—と笑いとへんてこ」

連弾

カテゴリ:
Pianoduo
2009.5.31 piano duo 演奏 rire (リール)

ピアノの撮影をする機会があった。
楽器を弾く奏者の撮影は音よりもその指使いに引き込まれてしまう。
職人の技を見ているようで気付いたらどんどん近づいてしまう。
この演奏は連弾なので4本の手がそれぞれの役目を担い
僕にとっては、ありえない早さで正確な動きをする。
その指の動きを追う。
奏者には失礼な話だが、撮っている時は無音の状態。
耳に入ってきてはいるがそれよりも動きを捉えることに夢中になり
演奏の撮影はいつもほとんど曲を覚えていない。
ただ、きれいな動きをする指からは美しい旋律がうまれると確信できる。

小春日和Vol.201 怒る

カテゴリ:
Okoru

子供はホントしょうもない些細なことで怒る。
このときも小春がなんで怒っていたのかまったく覚えていない。
その時その時で一緒に怒っていたらやってられない。
だけど、こっちも人間で気持ちがガサガサしている時だってある。
受け入れられず、理不尽な怒りに返したくなるときだってある。
だから、時々カメラを向ける。
本人は「やめてー!撮らないでー!」とがなり声をあげるが、
こっちの気持ちは落ち着き、怒った顔も可愛く思えてくるから不思議。
ホントに怒っている人にカメラを向けるのは社会の中では勇気のいる事だけど
家の中で本気で怒っている小春にカメラを向けるのに勇気はいらない。
貴重な体験をさせてもらっている。

小春日和Vol.200 かしわもちの威厳

カテゴリ:
Kashiwa

仕事の帰り家から電話がある。
小春が掛けてと頼んだらしい。
「今どこ?」
「隣りの駅だからもうすぐ帰るよ」と言うと
「隣りの駅まで迎えに行く!」と言う。
最近は電話に出るのも他のことをしていると拒否するくらいなのに
今運動会のビデオを観ていることやなっちゃんも一緒にみていること
保育園の給食のこと。忘れたから帰ったら教えるねとリップサービスまで。

何かある。

家の近くまで行くと3人でお出迎え。
小春はニコニコもじもじ。
「かしわもち お父さんの分を半分ちょうだい」

家に戻り、走ってかしわもちを持ってくる。
一息つく間もなく半分あげることに。
そしてもちろん夏乃も「ちゃんも半分!」と言って来た。
半分を2人でわけて食べた。

「かしわもち食べた人はお風呂はいるよ!」と風呂に誘うと
小春はかわいい声で「は〜い」と来る。
最近、2人とも何でもお母さんなので、久しぶりにこの感じはうれしかった。

だけど、夏乃は「だめっしよ(だめだよ)」と言っている。
「半分もらった人はお風呂はいるよ 誰からもらったの?」と聞くと
「こーちゃん」と答える。
確かに半分こをちぎって分けていたのは小春だった。

かしわもちの皮をかぶった威厳はもろくも崩れていった。

このページのトップヘ

見出し画像
×