アーカイブ

2009年01月

アラジンストーブ

カテゴリ:
Stove

新しい家に来たらアラジンストーブを買うと決めていた。
どちらかといえば、奥さんの方がアラジンには熱心だったように思う。
僕は、燃費や機能性を考えて他のにしようか迷っていた。
結果的にはいつも使うものだから気に入ったデザインのもので良かった。

石油ストーブなので、目盛りがゼロに近づくと寒いけど外に出て
灯油を補充しなくてはならない。
それは嫌な仕事だけど、気づいた人がするものだと思っている。
僕は小学生も高学年頃には立派に一人で灯油を入れていたと思う。
しかし、奥さんは生まれてから一度も灯油を入れた事がない。
小さい頃から、誰かがやってくれていたからという理由。
両親がおばあちゃんがお姉ちゃんが。
あるとき、お姉ちゃんが「かよちゃんだけいれないのはおかしい」と言ったのだが、
家人はしーんと静まり返ったという。

まあ、それはいいとして、今まさにやってくれる誰かは僕か奥さんなのだが、
アラジンを買ってから2ヶ月。目盛りがゼロ近くで家を出ると帰ってもゼロに近い。
奥さんはこたつに入って寒いのを我慢していたという日もあった。
購入時には、自分もいれると約束したのに。
今日、なんと一度も入れた事ない人が「やりたくない」って言っていた。
買うとき「奥さんが灯油入れるなら買おうよ」と言ったものの
やらない事はうすうすわかっていたので
アラジンの灯油は自分が入れようと心に決めてました。
でも、ちょっとはときどき入っているのを期待してしまいます。

鎌倉挙式

カテゴリ:
Hachiman1

鎌倉は鶴岡八幡宮での挙式。
式場から八幡宮までの移動は人力車。
古都鎌倉の街によく似合う。
沿道の人から「おめでとう」の声が自然とあがる。
列席者は後ろからその祝福を見ながらバスで追う。

Hachiman3jp_g

長い参道を控え室まで皆で歩いて行く。その姿がまたとても良い。

Hachiman5



「幸あかり」(日の入り時刻に行われる特別な神前結婚式)
暗くて撮影が大変だろうと思っていたが、幻想的な挙式に感動。
撮影も楽しかった。


年賀状の楽しみ

カテゴリ:
Daikoku
「恵比寿神」 藤原純


僕が撮った写真を受け取った人が喜んでくれるのが一つの楽しみ。
そのために、写真の仕事をやっているようなもの。
そしてもう一つ、僕の撮った写真を使った年賀状を
受け取ることはまた違った意味で感慨深くとてもうれしい。

うんち騒動

カテゴリ:
Shit1

素敵な散歩風景ですが、この時すでに奥さんの靴にはうんちがついてます。

Shit2

うんちに気づき用水路で一生懸命靴を洗う母を応援する面々

うんちを踏むと人は家に帰るまでにどうにかウンチを取ろうとする。
そういうときに限ってソールが複雑だったりする。
素敵な散歩道。
当人は風景は目に入らず
うわの空でウンチをどうやってとろうか考えている。

このページのトップヘ

見出し画像
×