アーカイブ

2008年08月

カテゴリ:
22985
2008.5



最近、奥さんのともだちのヨシエちゃんがよく遊びに来てくれる。
ほとんど、小春のともだちではないかと思うくらい二人で遊んでいる。

夕飯を食べている小春が、「今、ヨシエちゃんどうしてるかな?」と言った。
「それがともだちってことだよ」と両親は声をそろえて答えた。
小春のよく読んでいる絵本に
「ともだちって そばにいないときにも いま どうしてるかなって
  おもいだすひと」という一節があるからだ。
小春も思い出したようで
「ご飯を噛んでいたら思い出しちゃったの」と照れながら言っていた。



(『ともだち』より抜粋 文 谷川俊太郎 絵 和田誠 玉川大学出版部)

小春日和vol.168 同級生

カテゴリ:
Doukyuu1


Doukyuu2

小春と緑

みどりちゃんは大谷家の三女
大谷三姉妹と小春、夏乃の5人で遊んでいると
どちらから声をかけるでもなく、二人きりで遊んでいる。
二人は同級生だけど、本人たちはあまり認識していないと思う。
だけど、二人を見ていると年の近いことの共感を感じているように思える。
僕らが帰った後、「また、あの娘と遊びたい」と緑ちゃんが言っていたそうだ。
ただ、気が合うだけかもしれないけど。

同じ誕生日の人たち

カテゴリ:
Birthdaymania
僕の誕生日を祝ってくれた人

8月17日は奥さんの誕生日。
友人のアンサリーさんも偶然にも8月17日が誕生日。
毎年、二人は電話でお互いの誕生日を祝い合う。
側で見ていて微笑ましい。
今年も電話していた。
取り次ぐ僕もうれしい気持ちになった。

同じ誕生日は有名人の同じ誕生日の人が誰それと確認し合う。
それは、他の誕生日の人には全く興味が湧かないのに、
当人たちは知っている。各々がその誕生日のマニアだ。
不思議なもので1日違いでも1週間違いでも近い日だと親しみがわく。

僕は、7月22日生まれ。
今年、初めて同じ日の誕生日の人に会った。
お互い照れくさいがうれしいという感じだった。

このページのトップヘ

見出し画像
×