アーカイブ

2007年08月

小春日和vol.112 お姉さん小春ちゃん

カテゴリ:
Oneesankoharu
2007.8

最近、小春は自分のことを「お姉さん小春ちゃん」と呼ぶ。
何かにつけて、「小春ちゃんはもうお姉さんだから」と言う。
僕と二人でいる時の会話や相づちなんか本当に
お姉さんのようだと思ってしまう。
「どこから買い物行くの?」
「とうもろこしは買わなくていいの?」とか
買い物に行くと助言をしてくれたりする。

ばあちゃんとの電話では
「元気......今うんち出たとこ.....寝てる」と言う具合に
ばあちゃんの質問がわかる様な明確な答えができるし。
もうお姉さんだなあと感心する

でも、奥さんは「お姉さん小春ちゃんに会った事がない」と言う。
だって奥さんといると甘え通しだから。
「お母さんが良い」とほとんど僕はお呼びでないので
蚊帳の外になってしまう。
「赤ちゃん小春ちゃん」はおっぱい飲むと開き直ってしまう。


小春日和vol.111 うんちにお顔があってもいいんじゃない

カテゴリ:
Unti
2007.7

小春のあせもがひどいため、
漢方の薬局へ小春とあせもローションを買いに行った。
合わせて買った「かかとつるつる軟膏」を調合してもらっている間
店内を歩く小春。
便秘の漢方薬の説明に見入る。
うんちに顔があるかわいいイラスト入り。
それを見ていると、
「うんちにお顔があるねえ、うんちにお顔があってもいいんじゃない。」
と一人で納得していた。
支払いをすませ車に座らせようとした時、
「うんち出ちゃったの」と。
うんちの絵を見てうんちの事を考えてたら、
自分のうんちが出ちゃったのね。
それはしょうがない。


オレにも産ませて! vol.11 出産編その3

カテゴリ:
Tuna



天井から吊るされた綱を奥さんが力強く掴んでいた。
見学した時には、これは使わないだろうねと話していた綱。
小春が寝てから、なかなか陣痛が進まない。
微弱陣痛と言うらしい。
小春の時は、陣痛がとても強かったので
なるべくいきまない様に、力を逃がす様にしていたのに、
今回は力の限り力を入れてがんばってとまったく正反対のやり方だった。
後で聞いた事だが、あの4人体制じゃなかったら、
もっと長時間かかって大変だったらしい。
一人が産道の軌道を確保し、
いきみに合わせて他の二人がTシャツの裾で
赤ちゃんを押し出す手助けをしていた。
これはスーパーテクニックだったらしい。

小春が起きた。
いつもの事ながら「おっぱい」と泣きながらのお目覚め。
こんな非常時でも小春にとっては日常が流れているんだと思った。
でも奥さんにをとにかくお産に集中させなくてはと思い、
あまりに泣き叫ぶので抱っこして連れ出し、少し散歩した。
陣痛中に20分も場を離れるとは思わなかったけれど、
これも小春を立ち会わせるという事なんだと思う。
少し落ち着いたので
「もうすぐ赤ちゃんが出てくるから、戻ろうか」と声をかけ
小春は肩の上でコクッと頷いた。
部屋に戻ると「もうすぐ頭が見えてくるよ!」という状況だった。
小春は少ししたら熱気と雰囲気で、また泣き出してしまった。
お母さんのところに寄り、おっぱいをくわえた。
陣痛の合間にまたおっぱいをくわえるということを
5回くらい繰り返した後、
お母さんが、「小春ごめん」と突き放した。
僕も泣き叫ぶ小春をなんとか押さえながら誕生を待った。
それからまもなく「頭が見えてきたよ」と仲さんの声。
すぐに頭が見えてきた。
顔がこっちを向いているなと思ったと同時に
羊水が噴射して僕ら3人にかかった。
本当は後頭部が見えて産まれてくるのだが
旋回異常といって、正常な方向に回りきる前に産まれてくる事だった。
だから下におりてくるのに苦労してしまったらしい。
産まれた直後に、奥さんが「小春おいで!」と呼び
おっぱいへと導いた。
とても出産という大仕事の直後とは思えないくらい冷静だった。
おっぱいを飲んで落ち着いた小春は、すぐに夏乃の頭をなでていた。

小春は産んだ部屋で4人でいる時に、
「さっき仲さんの手が赤かったねえ。」と言っていた。
なんか夏乃の出産の全てを含んだ言葉だった。

Ann Sallyのアーティスト写真

カテゴリ:
Ann2


先日、友人にHMVのフリーペーパーに
アンサリーさんの記事が載っていると教えてもらった。
僕の写真が使われていてうれしかった。
昨日、新宿のタワーレコードに行ったら、
自分が撮ったアンサリーさんの写真が大きいパネルになっていた。
撮影した中でも一番気に入った写真なのでうれしい。
何枚か撮ったけど、この写真の瞬間だけは別の次元にいるような
感覚だった。
そして、雑誌のSWITCHにインタビューと僕の写真が載っている。
SWITCHはいつか写真を載せてもらえたらなあと
憧れていた雑誌でした。
アンサリーさんのおかげで夢がひとつ叶いました。
ありがとう。

アンサリーさんは8月17日が誕生日です。
偶然にもウチの奥さんも同じ誕生日です。

誕生日おめでとうございます。

※アンサリー写真掲載誌
SWITCH 8月号
TOWER RECORDS bounce 8月号(フリーペーパー)
HMV 8月号(フリーペーパー)

このページのトップヘ

見出し画像
×