アーカイブ

2007年03月

小春日和vol.91 お抹茶

カテゴリ:
Mattya1


Mattya2


Mattya3

2007.3.23

先週、奥さんの実家の金沢に帰省した。
前回帰省した時に覚えて以来
あんこのお菓子を見ると、「お抹茶たててよぉ」と言うようになってしまった。
いつも、おばあちゃんから茶せんを奪い、自分だけでやると言い張る。
口直しに欲しいというよりもたてる事自体が楽しいらしい。
それと、おまんじゅうがほしいという意味で言っている感もある。

小春日和vol.90  嘘

カテゴリ:
Katikati
2007.3

僕は小春に嘘をつく。
お菓子がらみで嘘をつく。
買ったばかりの鯛焼きチョコを車で寝てる間に隠して
「小春ちゃん今まで持っていたのにどこやったの?」と言いながら
一緒に探してあげる。
スーパーで小春が選んだ牛のマークのチーズを他の事に気を取られている
隙に元に戻してくる。「モーモーウシさんは?」と袋の中を探してもないので
また一緒に探し、レジのおばさんが入れ忘れたんだねと微妙な嘘をつく。
小春ちゃんが見つけたチョコレートを見えないところで半分にして
これしかなかったと嘘をつく。
穏便にお菓子の量を減らすのは難しく大抵は根負けして結局お菓子をあげてしまう。
小春ちゃんは本当に幸せそうにお菓子を食べる。
チョコだってあめ玉だって手の中で溶けるまで大事に握っている。
うれしそうにお菓子を食べている姿を眺めているのは楽しい事。できることならずっと見ていたい。
矛盾するけど、嘘をついてでも少しでも量を減らしたいと思うのは親心というものかも。


Uso
2007.3


小春日和vol.89 電話

カテゴリ:
Telephone
2007.3

「誰?ん?りょうまくん?何してるの?ん?お風呂入るの?小春ちゃんはねえお風呂はいったよ」と
いとことの会話。
5歳のいとこを相手に主導権を握っている。
でもね電話のあいづちは無言でうなづいても相手には伝わらないんだけどね。

半年間

カテゴリ:
Ono1


Ono2
2006.9  9ヶ月

半年というのは普段はあっという間に過ぎてしまう。
出産直前から子供が産まれて首が据わるころまでの半年間はとても色々な感動があり
とてもたくさんの思い出が残る。
そんな大事な半年間を家族写真のご依頼をしてくださった。
産まれる前と産まれてから。



Ono3


Ono4


Ono5
2007.2.10 お宮参り

オレにも産ませて!vol.2 マッサージ

カテゴリ:
Masage
2007.3

夜眠る時、できるだけ毎日奥さんの足を揉んでいる。
というのも、妊婦さんは血行が悪くなりよく足がつる。
足の血行を良くすると安眠できる。
妊婦さんはとても気持ちの浮き沈みが激しいので時にはとても理不尽な事がある。
そんな時も色々言いたい気持ちをぐっとこらえて足を揉んでみると、
身体が楽になり気持ちも楽になるので、夫婦の関係も良くなる。
怒っていたのが一転して感謝されたりする。
小春ちゃんの出産を経験し、妊娠出産はとても大変な事だと学んだ。
良い出産をするために奥さんはとても努力をしている。
しかし、時にはもの申したくなる事だってある。
そんな時のためにもマッサージは欠かせない。

先日、いつものように足を揉んでいると
「私が逆の立場だったら疲れるからやりたくない」という様なことを言ってきた。
呆れた!
疲れるのはオレで奥さんは想像の中で勝手に疲れるから嫌だと。
もしも、妊娠出来るとしても、サポート側がそんな気持ちでは任せられない。
僕がサポート役で良かったのかもしれない。


このページのトップヘ

見出し画像
×