アーカイブ

2006年12月

クリスマスはつづく

カテゴリ:
Xmas
2006.12

25日が過ぎたとたん街は正月へ向けての準備がはじまり、
ちらほら門松もお目見えしています。
ウチでは小春が小さいクリスマスツリーをとても気に入り
「小春ちゃんちのぴかぴか」と呼ぶのがかわいいし、
本場のように1月6日まで飾りたいと思っています。
入江家のクリスマスはもう少し続きます。

カレンダーはご好評につき今年中にお届けできる分は完売となりました。
ありがとうございました。
受注生産なので1月3日までに注文頂けましたら
到着は1月中旬になってしまいますが、
追加でお作り致します。

もみの木

カテゴリ:
Christmas
LONDON 1996

ロンドンのクリスマスシーズンは11月1日〜翌1月6日まで(たぶん欧米全土)2ヶ月以上の間
街はクリスマスのデコレーションで飾られるので、冬はクリスマスの飾りと共にあるというのが当たり前だった。
だから、冬にロンドンで撮った写真はクリスマスの雰囲気のものが多い。
その中でもこの写真は、中央のもみの木が主役なのだが、カフェでくつろぐ一人一人に個性があり、
眺めていて飽きない写真。
ブレザーを脱いで飲み物を忙しそうに運ぶウェイターがとてもよいアクセント。
実は手前ではバイオリン三重奏の演奏をしていて、テーブルの人たちはそれに聴き入っている。


※ご好評につき2007年度のイリエフォトカレンダーは今年お送り出来る分は完売致しました。
ありがとうございました。
受注生産なので1月3日までに注文頂けましたら
到着は1月中旬になってしまいますが、
追加でお作り致します。


小春日和vol.79 いいかげんにしろじゃないでしょ!

カテゴリ:
Iikagenn
2006.11

最近、眠かったり疲れていたりして調子の悪い時は、
何を言っても返事は「〜じゃないでしょ!」と返してくる。
「おだんご食べないじゃないでしょ!」
「お風呂に入るじゃないでしょ!」
「お座りちょんしてじゃないでしょ!」
「小春ちゃんがおみかんたべるじゃないでしょ!ん?おみかん食べる!食べるのぉ!」
好きなものには折れてしまうけど、大体いつもだったらどうでも良い事もおうむ返しで不満を述べる。
泣きべそなのだが、とても落ち着き払って言われるとどうでも良くなってしまう。

先日、電車が事故で遅れてしまい、
新宿駅で乗り換えのためカメラ機材の入った大きなバッグをカートに乗せて早歩きしていると
点字ブロックにタイヤが取られカバンが倒れた。
運の悪い事に近くを交差してきたおじさんがその上につまづき、倒れてしまった。
僕は手を差し伸べ「ごめんなさい」と謝った。
たぶん奥さんと一緒に遠くの表示などを見ながら歩いていたんだと思うのだが、
手をついて倒れてしまい恰好のつかないおじさんは、15キロもあるカバンを蹴り、
立ち去りながら大声で「いいかげんにしろ!」とどなった。
それには頭に来たので、詰め寄ったが言い争ってると仕事に遅れてしまうので、
文句も早々に別れた。
もしその前に何度も僕につまづかされているのなら、
「いいかげんにしろ!」は正しい言い回しだけど
僕はおじさんをつまづかせたのは初めてだからなあ。
あの時小春のようにでんと構えてこういえば良かった。
「いいかげんにしろじゃないでしょ!ぶっ!」

大安吉日

カテゴリ:
Sainakawed
2006.11.11

少し前までは、家で支度をして嫁いで行くのは当たり前の光景だったのだろう。
近所の人に見送られ思い出の詰まった家を発つ。
写真のおかげでこんな素晴らしい場面を近くで感じられる。

小春日和vol.78 積み木

カテゴリ:
Tuimki
2006.11

ウチにはちゃんと木製の積み木がある。
でも木製のにはご無沙汰で小春は缶詰でばかり遊ぶ。
いつも大体この組み合わせ。
崩さないようにうまい事載せるもんだと感心する。


このページのトップヘ

見出し画像
×