アーカイブ

2006年09月

家族の雰囲気を撮るには

カテゴリ:
Siina1
2006.9.10

先日、青梅の繭蔵で3組の家族写真を撮らせていただいた。
皆さんに気に入って頂けたらとてもうれしいです。

そのうちの1組は家族ぐるみで付き合いのある椎名さんが依頼してくれた。
いつも思うのは、被写体となる人やモノへの付き合いや愛情が深い人が撮るのが
一番良い写真が撮れる方法だと思っている。
しかし、僕がこの立場になれるのは奥さんや小春だけ。そして、撮った本人は一緒に写ることができない。
(皆が僕より写真の撮るコツを心得ていたら、僕が家族写真を撮る意味はなくなってしまう)
その次に頼むとしたら写真の扱いの少し上手い近しい人が良いと思う。
僕は撮影の時はできるだけこの存在になろうと努力して日々撮らせてもらっている。

僕は、撮影している時に指示は極力しないようにしている。
というのも、僕が言葉をかければそれだけ、ご家族の持つ雰囲気を壊してしまうと思っているから。
だから、撮影するまでと、している時にどれだけそのご家族の雰囲気を掴めるかが重要なことになる。
椎名家の雰囲気はもともと知っているので、今回の撮影はよりありのままの姿を撮る事が出来た。
近しい人が撮った写真以上のありのままの家族。
僕も自分の家族を撮っているようでとても気持ちよかった。
写真ができ、家に来てもらい写真を見てもらったら、とても喜んでくださった。
その日、家に帰り1時間くらい写真を眺めたと教えてくれた。
とてもうれしかった。

その後来た椎名さんからの感想

『里礼が家族と一緒のもので、こんなにいい顔をしている写真はなかったので、その出来には本当に驚いておりました。なによりもこんなに自分達自身が生き生きとした表情の素晴らしい写真を今までに見たことがなかったので、本当に目を疑いました。「本当に不思議だね。こうしていくつかのエレメント(撮る人と撮られる人との間に流れる安心感、信頼感、そして愛ある心)が揃って、程よい光の中で、最高の写真って出来上がるんだね。 それを引き出して、その最高の瞬間を捉える力をお持ちの入江さん は凄いねえ。」と家内と話しておりました。 これから先、家族写真をずっと撮って頂ける、自分達にとって最高 の写真館が出来たと、心から喜んでおります。」






小春日和vol.67 影追い

カテゴリ:
Kagefumi
2006.6

朝、小春を保育園に送りに行った時の事。
小春は例によって乳母車には乗らず抱っこしたり、
手をつないで歩いたりしていた。
とても日差しが強く影がくっきりとしていた。
途中で小春は乳母車の影を追い始めてそれに夢中になり
「待て待て!」と走り始めた。
僕の手をつないでいるので僕が押す乳母車に追いつくはずもないので、
立ち止まってあげると、突然四つん這いになり乳母車の影に寄って行った。
面白いのですこしずつ前進するとまた影を追う。
「汚れるから立って」と言っても
小春には影を近くで確実に捕まえる方が大事だった。
そのうちおばさんが後ろから来て
「あら何してるの?」とびっくりして尋ねてきた。
「乳母車の影を四つん這いで追いかけてるんです。」
と小春の代わりに答えたがおばさんは歩みを止めずに
「そんなことしないでおばちゃんと一緒に歩きましょうよ」と言ってくれた。
小春はおばさんが気になったのか
「待て待て!」と今度はおばさんを追いかけ始めた。
おばさんは本当に急いでいたらしく振り向きもせず去ってしまった。
小春は「おばさん行っちゃったねえ」とか
「あのおばさんは?」と保育園に着くまで何度も聞いてきた。

小春日和vol.66 至福の時間

カテゴリ:
Nuru1

もちろん、家族みんなでわいわいとしている時間はかけがえのない時間だ。
それと同じくらいかけがえのない時間は、
奥さんと小春がすやすやと眠る姿を眺めること。
ぼくのひそかな至福の時間だ。

Neru2

小春日和vol.65 長靴

カテゴリ:
Nagagutu
2006.9

「小春ちゃん、なんで今日は長靴なんですか?」と良く聞かれる。
小春にとって何か特別なことなのだと思って質問してくれるのだけど、
いつも長靴なんです。小春にとって当たり前の選択なんです。
靴やサンダルもあるのだけれど。
たぶん小春の中では、自分で履けるし脱げるし左右を間違えても歩くのに
それほど支障がないので気に入っているのだと思う。

NUUさんの表情

カテゴリ:
Nuumayu 

2006.9.10 青梅繭蔵

青梅の繭蔵というカフェでNUUさんのワンマンライブがあった。
僕も家族写真の撮影で参加させてもらった。
NUUさんからライブ中の表情を撮影してほしいと依頼を受けた。

NUUさんの唄は心地よい歌声で聞いているだけでとても楽しい気持ちになる。
それからNUUさんは表情でも歌っている。
唄により、ことばにより表情がくるくる変わり見ているとさらに楽しくなる。
そんな表情が伝わる写真が撮れたと思う。

このページのトップヘ

見出し画像
×