カテゴリ:

 


DPP_020051
                


今年の正月、朝を迎えるまで一言も晴れ着を着たいなんて言わなかったのに、
起きがけに「着物が着たい」と言う。おせちの支度で忙しい義母が、
小春の為にと早業で着付けをした。猫の手さえも借りたい状況で、
できもしないのですがもし自分が言われていたら
「もっと早く言っておいてよ!今日は無理」と断ってしまうと思う。
もしかしたら、内心はそう思っていたのかもしれないけれど
義母は当たり前のように、さっと手際よく小春に着付けた。
祖母の愛は、底知れず大きい。
親は、親でがんばっているが、若さもあり底は知れている。
子供の成長には、親と離れた世代が必要なのかもしれない。

DPP_020030
 

DPP_020055
 
※家族写真予約受付中 2月18日 2月19日アトリエショップkatakata
  3月 26日 Rojiroom(大阪)