カテゴリ:
Img_2032

大学の通学路に20年後、子供たちと歩くという贅沢。

Img_2033

近代のビルと歴史ある教会が当たり前の様に隣合っているのがロンドンの良さだと思う。

Img_2034

イギリスのドアの青さは潔い。

Img_2043

通っていた大学の敷地内に娘がいることが感慨深い。

Img_2050

19年前に毎日授業に通っていた建物。

Img_2046

娘と記念写真を。


Img_2051

イギリスの赤も潔い。

Img_2056

曇りがちなロンドンは、影がない写真が多い。

Img_2058

ロンドンの光は、弱々しく西日の様に長い影。

Img_2063

大英博物館前の通り

Img_2072

大英博物館の入り口前

Img_2094

最近、長かった大改修工事が終わり
中央の部分の屋根がとても良い。

Img_2099

昔から好きだったモアイ像をロンドンで見れたことに
19年前に感動し、暇さえあればモアイ像のある人類博物館に通いました。

Img_2104

大英博物館の空間は、一日で見切るには大きすぎるが、観覧していてゆったりしていて気持ちがよい。

Img_2110

アートクラスでヒンズー教のナタラジャ神像でレポートを書いたことがあったので
娘たちがポーズを決めてたった時のうれしさったらなかった。

Img_2120

万国共通だが、郵便局員の仕事ぶりは見とれてしまうほど
手際よく自信に満ちている。

Img_2124

ロンドンバスを背景に
馬跳びをする姉妹。

Img_2132

広い建物を背景に人と車の配置で
ロンドンの空間の広さを感じられる。
この距離感が心地よく
段々と写真にはまっていったことを思い出す。