カテゴリ:
Nemuru
2006.5

寝入りの悪さは蒸し暑さだと思う。
すんなり布団で寝たのは数える程。
ほとんど毎日お母さんが抱っこして小春専用ねんねこタオルをかけて外で歩く。
最近はそれでは寝られず、僕が運転して車の後部座席でお母さんに抱かれてようやく眠る。
起こさないように、静かに家に帰り布団に寝かせるとほっと一安心。
それでも夜中に一度に二度はお母さんの抱っこで散歩かドライブが待っている。

入江家は川の字で寝る。
小春はどうやって転がったのか分からないのだけれど
必ず布団からはみ出して机の下や襖と布団の間などで寝ている事がある。
襖の間には座布団を3枚敷いてカバーした。
でも小春は合間を縫うかのごとく畳や床で寝ている。
何故か僕のテンピュールの枕を
「小春ちゃんの!」と言って枕の上で寝てしまう。
テンピュールだからというよりは、お母さんの枕ではない枕は小春のという考えなのだと思う。
今まで僕が使っていた布団まで、「小春ちゃんの」と言うようになってきた。
お母さんは縦に、小春は枕に横向きに寝ているので、その横に寝ると、
ぴったりくっついてしまい、小春が寝苦しくて起きる確率は高くなる。
またドライブになってしまう恐怖心から、下の方で寝てしまう。
川の字ではなく、上の字になってなることもある。
そして。小春の為にの座布団は僕が一番多く使っている。
横で寝られないのは少し寂しくもあるが、小春の寝顔を見ていたら座布団で寝るのも嬉しい。