カテゴリ:
como2003
2003年 コモ湖 (Italy)

カレンダー4月分の写真より

確かに雨は降っていた。
だけど、傘を抱えて立ちすくすほどの豪雨ではなかった。
雨宿りを口実に話が始まったようだ。
僕は彼らの正面から歩いてきた。
左の男がウッディアレンに似ているなと思いながら
通り過ぎようとしたのだけど気になってしまい
微動だにしない彼らの後ろ姿を撮ろうと背後に回り込んだ。
彼らの周りをぐるりと一周して、来た道を戻った。
結局、最後まで彼らはずっと話を続けていた。
言葉は分からないけど、ぼそぼそと穏やかに話し続けていたのを想像するに
そんなに深刻な話でもなさそうだ。
話題はたわいもないことなのだろう。
気の許せる友と変哲もない道を眺めながらの
ゆるやかな時間が至福のことなのだろう。

イタリアの昼下がりには、若くない男二人の穏やかな会話がある。