カテゴリ:
先日、後輩4人が小春に会いに来てくれた。

事前にメールで「デザートなどを手みやげに考えてくれていたら、
ただいま、奥さんは母乳の関係でカロリーの高いお菓子や果物など甘いもの全般が禁止なので、
手みやげは持たないで来てね」と打ってから
少しちょっとだけ欲が出て、
「明日来る時に、ペリエを買って来てもらえるとうれしいです。」と4人に同時に送った。

奥さんは、妊娠してからお酒は飲まなくなっていて
代わりにシュワっとする炭酸水を好んで飲んでいる。
でも、ペリエは水としては高いのでなかなか日常的には買えないけど、手みやげとしては手頃なものかなと。
「2、3本缶で持って来てくれたらいいね。」と奥さんと話してると
メールが次々と帰って来た。

ーどのくらいですか?
ー1、2本おねがいします。

とまあ一人目は普通のやりとり。
次に来たのが

ー了解ガスとか入ってないやつでいいですよね。
ー入ってない方があったらお願いします。

とお決まりの冗談。

そして
ーペリエって水ですよね?了解しました。
(本気かなあ?)

さらに、4人目も
ーペリエってお水でしたっけ?どのくらいいりますか?
ーはい水です。1、2本でおねがいします。

3人目と4人目は本気だったらしい。
僕は、ペリエは世界の共通語だと思ってしまっていましたけど
説明はちゃんとしないといけませんね。
でも当日、みんな750mlの瓶を買って来てくれました。
ありがとう。
そんな後輩たちが僕は大好きです。