カテゴリ:
小春宛にはじめて届いた小包はなんとあの谷川俊太郎さんからだった。
絵本を送ってくださったのだけど、
その巻末には「地球へようこそ」と自筆で書かれていた。
かっこいい言葉なので、時々歩いてる時なんかに思い出してはつぶやいている。

小春はおっぱいを飲みながら、途中疲れてよく眠っている。
顔を近づけたり、「寝たのかなあ?」と声をかけたりすると
まだ飲んでますってば!っていうような感じで、また口を動かす。
まるで、テレビを見ながら寝てて、消すとまだ見てるっていう
テツ&トモのネタみたい。
それからよく、朝食べて来たものが
口の周りや歯の隙間に付いてたりすると
食べてものがばれたりする。
小春はいつもおっぱいしか飲んでないので
いつも舌が真っ白。
大きなあくびをして白い舌が見えると
「またおっぱい飲んだでしょ」ってとりあえず声をかけている。