カテゴリ:
ロンドンで、においが懐かしかったこと。
3歳の頃の1年間ロンドンに住んでいた。
当たり前だけど、ほとんど記憶がなく
家族の思い出話に参加できなかったのが悔しく
いつかもう一度行ってやるという思いが
僕を留学へと駆り立てた。
18歳にしてもう一度ロンドンへとわたった。
記憶など何もなかったから、
初めての国へ行くというイメージを持っていたのだけど
空港に降り立つと、なんとにおいが懐かしかった。
これには驚いた。
昔、ロンドンに住んでいた時に、通った通りの角のタバコ屋の
飴のにおいを思い出した。
「昔、なめたキャンディーのにおい」という感じの懐かしさ。
やっぱり三つ子の魂百までというのは本当だったんだ。