カテゴリ:
今日電車で、母と赤ちゃんと4歳くらいの兄が乗っていた。
ベビーカーを前に置き、母の横にはお兄ちゃんが座って寝ていた。
乗ったときから、お母さんは、
「もうすぐ降りるから寝ちゃダメよ」と何度も言っては
指しゃぶりをする男の子のよだれのついた指と顔を拭いた。
男の子は、「眠いの〜」と力一杯だだをこねていた。
赤ちゃんが泣きもせず精悍な目で上を見ていてるのが対照的だった。
お母さんがベビーカーを持って降りるだけでも大変だろうに
寝てる子まで担ぐのは不可能じゃないかなと心配になってしまった。
男の子は何度タオルで顔をぬぐわれて、
「もうすぐ降りるよ」の声かけにも
無気力の「むにゃむにゃ」と言うだけだった。

それまで1人で母の愛情を独占していたのに
突然お兄ちゃんになってしまって、
まだ甘えたい頃だろうけど、
愛情は赤ちゃんと分け合わなくては行けない現実。

「次の駅で降りるからしっかりして」と言われ、
お兄ちゃんはそれまでとは違い、
目を必死に開けて頑張って靴を履き
ちゃんと、目的の駅で降りていた。

ガンバレおにいちゃん!