リアルトイストーリーとかくれんぼの間に七五三

カテゴリ:
IMG_2716

写真は、3歳の時に撮った今日の主役。本棚の一番目立つ所に飾ってくれているのは、
コップ越しに上目気味にこちらを向く。「いつもしている表情だ」と両親が言ってくれるのは、
撮影したものとしては嬉しい。

IMG_2611

今日は、5歳になり七五三のお祝いの着付けをリビングで。

お母さんの着付けの後に着替えるその間、
いつも遊んでいるおもちゃを紹介してくれる。
実際に遊びながら。怪獣と一緒に口も開いちゃうほど没頭。

IMG_2621

トイストーリーのおもちゃで怪獣退治。
効果音も付けながら、剣をバズライトイヤーの手に持たせて戦う。
ウチは、娘二人だからおままごとは見ていたが、
実際に映画トイストーリーの様におもちゃで戦っている男の子を見て感動しながら見ていた。


IMG_2690

着付けが始まると、おもちゃに囲まれたリラックスモードから一転。
こんなに注目されてしまったら緊張か興奮か色々入り混じってしまうな。

IMG_2721

そして、着慣れない晴れ着を着た瞬間から脱ぎたくなってしまい涙する。
お父さんに抱きつき、励ましてもらう。

IMG_2722

男の約束。指切り。この後、ぐずることも泣くこともなかった。





IMG_2827


神社に着くと手を合わせて、しっかりお参りをする。

IMG_2821

眩しそうな目で遠くを見る横顔は、5歳になって成長した顔つきに見えた。

IMG_3009



IMG_2900

昨年、両家族の家族写真とフクダカヨのイラスト入り家系図を依頼され、両家のご実家で撮影させていただいたので、集合写真の皆の写真を一度撮った事があるという七五三。なかなか無い事だけれど
全員の雰囲気を掴んでいるとこんなに撮りやすいんだと実感した。

IMG_2881



本人の中では、広場で皆とかくれんぼをしているようで大きい柱の影になんども隠れて一人で
「い〜ち、に〜」と数を数えていた。

七五三撮影での下見と小さな偶然と

カテゴリ:
谷保天満宮での七五三撮影。
お母さんが独身の時からブログを見てくださっているご家族の撮影。
ブログを見てくださっていた時期から、写真を依頼してくださる時間が長ければ長いほど嬉しい。
そんな前から、いつか自分に撮って欲しい思っていただけていたことが嬉しい。

IMG_4029


いつも通りに、待ち合わせまで少し前に境内を1周ぐるりと回って撮影場所のロケハンをする。
以前訪れたことがあるので、雰囲気はわかっていたので、人の混み具合と流れを中心に確認した。
鶏が放し飼いされているので、一緒に撮りたいと言うかなと群生する場所も一応確認。
本堂の周りは、ご祈祷を待つ人でごった返していたので、
人の流れを予測して、集合写真の場所とタイミングを考えながら撮影しようと決めてから
待ち合わせ場所に向かう。

IMG_4094

本人と両親と両祖母も参拝。主役は、本当に甘え上手で
お母さんの所から、皆の隣にいつの間にかいて、
話しかけたり手を繋いだり寄っかかったりする。
親類ではないけれど、あんな甘えられかたをされたら
嬉しいだろうなと思いながら本堂に向かいながら撮影。

IMG_4111

母の手を握りながら、境内を進む。


IMG_4137

祖母に体を預けながら、父に靴を履き替えさせてもらう。


IMG_4148


祖母に抱っこしてもらい牛の鼻を撫でる。
順番を待つ間に、本堂の前で集合写真を撮影をするが、人が多い中だったこともあり、
一旦中止し、祈祷を後にする事に決める。この判断が吉と出るか凶と出るかは賭けなのだけれど
祈祷の順番を待つ間、主役が飽きることもなく興味津々で色々なものに近づいて見ているのに助けれる。
皆に愛されている子は安心して好奇心を発揮できると思う。




IMG_4195

千歳飴を確認。父は丁寧に読み方を教えてあげる。

IMG_4153

真横は、人で溢れているが少し横に移るだけでスッキリした背景に凛々しく撮れる。

IMG_4258

祈祷中は、撮影できないので外で待つのだが、この時間が大事で下見と合わせてもう一度どこか良い撮影場所は無いかをぐるっと回る。太陽の位置も時間とともに変わるので目星を付けた場所が変更することも多い。今回は、本堂の脇がタイムスリップしたかのような素敵な場所があり、写真を撮る他の家族と次の祈祷の順番を待つ家族とでごった返す本堂前を通り抜け脇で5分ほど撮影する。

IMG_4233



IMG_4333


5分後に戻った本堂はエアポケットのごとく人がいなくなる。時間を開ける見立てがこんなにも上手くいったと心の中で、ガッツポーズをしたくなるほど興奮した。しかも本堂の中に神主さんが
阿吽のごとく立ってくれている。



IMG_4323



IMG_4368

境内の帰り道に待ったり追いかけたりしないで、
鶏とも撮影できた。下見の時には鶏の群れが少し奥まった所にいたので
これも、自分の中では小さな偶然に出会えたと思った。

IMG_4376

最後もおじいちゃんにおんぶしてもらい一枚。
背中に孫を感じる表情がとても良いです。

境内を下見してイメージした通りのタイミングで
撮影が行えました。タイミングと撮影場所を見立てたり、直前でやめたりということが全て上手くいき
自分にとっては小さい偶然が重なって良い写真を撮ることができました。
子を思う親と孫を思う祖父母の優しい視線があり、雰囲気作りに気を使わなくて良かったので
撮影のタイミングに集中できたことは大きかったです。

小春日和vol.639 甘んじて受けますよ。

カテゴリ:
IMG_2108

夕方の仕事中に、いつも掛かってこない時間に
奥さんからの電話。何かあったのかと急いで電話に出ると
「パパ?仕事から帰ったら学芸会の本番で使う衣装の黒いズボンを
 買いに行けない?」と夏乃からの電話。
「それは今日行かないと行けないの?」と聞くと
「明日使うから、そう」と。

まだ、水曜で本番は金曜日と土曜日だけどまあいいか。
勘違いか衣装合わせがあるのか。
昼間、母に頼んで買いに行くという選択肢もあるけど、頼まれたことがうれしいので
何も聞かずに甘んじて受けることにして、夜一緒に買いに行きました。
そんなの明日でも良いじゃんかという事も、頼み事を頼まれる時は、やった方が良い。


IMG_2109

このページのトップヘ

見出し画像
×